トップページコラム一覧 > 第8回「1:8:1の法則」

コラム第8回「1:8:1の法則」

「1:8:1」の法則というのがあります。
これは何かといいますと、人が10人いたとして、1人は自分の熱烈なファンになってくれる、8人はどちらでもなく、 実際のとこそんなに興味もない、1人は逆に自分を敵視してくるそうです。 (2:6:2という説もあり。)

小説家の村上春樹氏は、若い頃ジャズバーを経営し、結構な成功を収めていたそうなのですが、その秘訣は「来たお客さんの10人に1人が、本当に気に入ってくれるお店であれば、経営は成り立つ。」といったことをエッセイで書いていました。
ちなみに春樹氏がその話しを村上龍氏に話したところ、「ハルキさんスゲー なー。俺なんて、100人いたら100人に気に入られないと、腹が立って、ぶ ん殴りたくなっちまうもんなー。」とのこと。(昔読んだエッセイなんで、 ちょっとセリフはうろ覚え。でもお二方の性格がよく出てて面白かったです。)
人の目がともかく気になって、みんなに好かれないと躍起になってらしたお客様 に「1:8:1」の法則の話しをしたところ、多少気が軽くなったようです。「そっか。自分のことを好きになってくれる人なんて、10人に1人なんだから、 みんなに好かれようなんてもともと無理があったんですね。そういえば、私自身だってそうですもん。」

自分のビジネスを独立開業したいのだけど、本当にこれでいいのかイマイチ踏み 切れない、迷いのあったお客様に、村上春樹氏の話しと、私自身が独立開業した時の話(細かいところはあとからでも、どうとでもなる。万人受けするように細 かいところをやたらと指摘してくる人は多いけど、そういう人に限って、実際何も出来てない。)といった話しをしたところ、やはりだいぶ気が軽くなったよう です。
「そうですね。私は、周りの人に言われるがまま、万人受けするようなそつのない完璧なホームページを作らなければならないと思い込んでいました。でも、そうでもないんですね。」

Site Menu

無料コンテンツ


当サイトの無断転載は禁止です。 Copyright(C) 小里 話し相手サービス All Rights Reserved.    
Design by Megapx
Template by s-hoshino.com